2012年

4月

03日

関係のないことでは無くなってしまった事

今日は松沢直樹さんの原発報告会に参加した。

数回福島原発20キロ圏内に実際に入って取材をされた松沢さん。福島の爆発後の放射能の数値について情報統制がおこなわれていた事実。それを知らなかった福島の元原発推進派の町長などの声。5月頃までには20キロ圏内にまだ住んでいる人がいた事。なぜか。。誰に責任があるか明確にされていない。自ら避難をして、保障か受けれるのか、また、避難先用意されてなかった事。 等

 

福岡に住み、毎日生活をしていると、震災、福島原発の事がだんだん薄れて行く感じがある。遠い所の事のような感じがする。

 

でもよく考えると本当に関係のないことでは無くなってしまっている。

福岡に居てもやっぱり食品も物も色々繋がっている。

また、玄海原発で事故があれば人口の多い福岡市民が全て避難するのは難しいし、放射能は風にのってもっと東へ広がる。福島よりひどい事になるらしい。

 

今まで、選挙に行っても、誰が政治家になってもあまり変わらないしと思っていた。だけど、これからは日本がどんな風にこの事に対処していくのか知って、そして小さい声でもあげるほうがいいと思った <K>