2011年

9月

18日

福島の事

先日福島の人と話をしていたのだけど、 

 福島の人は,もうあまり子供生まなくなるよ

と そういう事をただ そういう現実だよ っと言う感じで、はなされた事にショックをうけた。

 

今日は、有志のメンバーで立ち上げたプロジェクトで、8月に母子疎開企画おこなった方とお話をした。

福島の母子14組が夏休みを利用して、福岡で2週間過ごすという企画だったという事。 子供がいない私は危機感があまりないけど

やはり、母親は、放射能の子供への影響について、とてもとても心配だとおもう。

 

福島の事はいつも考えるとどうしようもない気持ちになる。

 

先日会った福島の人が、"お盆は家族で猛暑の中東京ディズニーランドに遊びに行きましたよ。子供達も外に出れず、いつも家の中にだけいるから、ストレスが溜まっていたので、行きたいと言ったところに連れていきましたよ。お金がかかったなあ。東京にきれいな空気を吸いにいったんだよね。" と、からっと言われたのが 逆に辛かった。

避難区域に入っていない部分の福島県に住んでいる人にはなんの保障もおりないらしい。 ただ、放射線量が多い。そういう現実なだけ。 (K)